バスケの伝説を作ったアニメ

メインキャラのキセキの世代から先輩等の脇役キャラまで、個性あるイケメンキャラが満載で、それぞれが素晴らしいバスケ技を披露するのが面白いです。主人公の黒子君は、中学時代はキセキの世代の中で最も技は劣っていたけれど、バスケと仲間を愛するハートは誰よりも強く、高校時代は新たな光の火神くんと出会い、先輩たちと共にキセキの世代に勝利して敗北感を味わわせることで、彼らにバスケを仲間と共に行う大切さを思い出させたシナリオが素敵です。黒子君が僕は影だというシーンがカッコよくて好きです。
青峰君と火神くんがゾーンに入り、光の影の黒子が火神君をサポートして勝利した後、青峰君が俺は負けたのかと言って、黒子とグーを合わせ、昔の光と影のような関係に戻れた瞬間が印象的です。紫原君が負けで涙を流すシーンもイイですが、技の連続で巨体にダメージを受けてひざまずいた瞬間に、黒子がダンクを決めたところも印象的です。アニメ的に勝ち続けるのではなく、主人公が一回青峰君のチームに負けて敗北の涙を流し、それを乗り越えたうえで全国制覇をしたのが良いです。
技だけで言えば、最もすごいのは火神君だと思います。キセキの世代を凌駕する無限の可能性の力を秘めていると感じます。技で目を見張るのは赤司君であり、本来の赤司君とそうでない赤司君の2つの技は、試合中の他選手に恐怖を与えます。エンペラーアイの力は偉大であり、緑間君や黒子君のチームだけではなく、赤司君の仲間まで支配するのが怖いです。1年なのに無冠の名を張る3人を従える赤司君はすごいです。赤司君チームとの対戦で、伊月先輩の力が最後に大いに発揮されたので、陰の功労者は彼だと思います。緑間君と高尾君、黒子と黄瀬君のいじりあいのようなやり取りも好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です