声の形に泣ける

この間地上波でやっていたアニメ【聲の形】を見ました。
原作本の存在も知っていて前から気になっていたのですがちょうどテレビでやるという事で楽しみにしていました。

ストーリーは聴覚障害を持つ少女と主人公の交流というものでした。
注目すべき点は主人公が最初いじめっ子だったのがある事をきっかけにいじめられる側になるという所です。
立場が逆になることでいままでいじめていた女の子の気持ちがわかるようになり、成長してから罪を償おうと決心します。

絵柄が今風の可愛いキャラなので萌え系アニメっぽいですがストーリーはしっかりしていて考えさせられる話でした。
心の繊細な揺れ方が描かれていて静かな空気間のアニメですが行間にとても深い意味が詰まっているのを感じました。

近づこうとしているのに二人の距離は普通の恋愛アニメと違い障害という壁があるのですれ違ったりお互いを苦しめたりします。
リアルかと言われればやはりアニメだなぁと感じる点はありますが、それでもしっかり問題提起をして人物を描いているアニメだなと感じました。

ラストはハッピーエンドなのですが、その前にえっと驚く展開がありどうなるかと終盤はハラハラしながら見ていました。
それだけにラストの救われたシーンでは素直にジーンと来てしまいましたし、これからの二人に幸あれと思う気持ちでいっぱいになりました。
終わってみれば一つの物語としてとてもよくまとまっていてよい映画を見たという感想です。

映画のジャンルとしてはアニメですが作品内容はしっかりと考えさせられるものになっているので普段アニメを見ない方や大人の方にもお勧めできる作品です。
NHKの教育テレビで地上波放送していましたがそういう教育の一環にも役立ちそうな良質なアニメだと思いました。

 

ワキガクリームの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です